スポンサーサイト

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


お引越し

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ブログの引っ越しをしました。

下記リンクへどうぞ!

練習日記

JUGEMテーマ:日記・一般
最近はオーケストラのオーディション用の練習ばかりしていたので今日はちょっと気分を変えてソロと現代曲の練習をしていました。

重音やフラッタータンギングを交えた練習は口の中、舌、のどをリラックスしていないとうまくできないので力を抜く練習にもなります。

そろそろリサイタルをやろうかなと考えています。

その際は演奏者も聞き手も楽しめるコンサートにしたいですね。

楽器の持ち替え

私には毎日の練習課題としてロングトーン、リップスラー、タンギング、音階、跳躍は欠かせません。
特に私の場合は楽器の持ち替えをしますので、自分のニュートラルの状態をコントロールするためにも毎日しっかりとメイン楽器であるテナートロンボーンで練習します。

ニュートラルというのは「調子が良く、すべてのことをストレスを感じることなく演奏出来る状態」をさします。「今日は高音が調子が良い。」、「今日はリップスラーが普段より滑らかだ。」というのとはちょっと違います。あくまで「自分のすべてのステータスの平均値」といった感じでしょうか。
この状態をつかんでおくと楽器の持ち替えをしたときに、たとえ自分のバランスがずれてしまったとしてもすぐに立て直すことができます。数日休みを取った時や吹きすぎて調子を崩してしまった時の対処にもなります。

楽器の持ち替えはメイン楽器にマイナスが多いように思われがちですが、決して自分のコンディション維持にマイナス要因ばかりでなくプラスになることも多々あります。たとえばバストロンボーンに持ち替えればテナーよりも息が必要ですし、呼吸のために体を今まで以上に働かさなければならないので、テナートロンボーンでは鍛えにくいことも鍛えられます。

アルトトロンボーンでは音域が高く、音のツボがテナーよりも小さいことから息の瞬発力や音のセンターを狙う練習をより効果的に練習できます。

私の場合は幸いにも複数のトロンボーンを練習することがメインであるテナートロンボーンの向上に非常に役に立っています。とあるジャズトロンボーン奏者が普段の基礎練習を太管で練習するとおっしゃっていましたが、それと似ているかもしれませんね。

私はアルトトロンボーンとバストロンボーンを日常的に練習することによってテナートロンボーンの向上に役立てています。

人によって向き不向きはあるでしょうが、持ち替えが確実に楽になる方法はあります。
私がバストロンボーンを始めた時は誰もが驚いたものです。(多分今でも)
それはまた後日気が向いたときに書きたいと思います。

ではまた
JUGEMテーマ:音楽

ホームページ

JUGEMテーマ:日記・一般
新しいHPを作りました。
よろしかったら覗いてみてください。
http://mitsumogi.wix.com/posaunemogi

どうなることやら。。。

JUGEMテーマ:日記・一般
現在頑張って新しいWEBを作成中!
こうご期待!

お久しぶりです。

 前回の更新はいつだったでしょう?
時間が過ぎるのは早いですね。ただいま帰国中ですが17日にまたスイスへ帰り(行き)ます。

更新のペースはあまり速くならないとは思いますが更新はしていきますのでゆっくりと構えてお待ち下さい。


ではまた

ども、お久しぶりです。

 パソコンの調子が悪いとなんとなく書く気がおきませんね。
少しは投稿のペースをあげたいですがなかなか・・・、


今日は朝早くから学校で練習、朝早く行くと落ち着いて自分の練習が出来てよいですね。
ついつい頑張りすぎてしまったような気がします。


学校では新入生が沢山入ってきていて皆さん、授業の選択に四苦八苦しているようでした。
2年前の自分が思い出される・・・。
自分の今年からのコースはあまり授業を入れる必要がないので興味のある授業をちょろちょろっと選択しました。


なにせこのコースで一番重要なのはコンクールやコンサートに参加をするということ。
参加をしなければ単位がもらえないということなので今年も挑戦が続きます。


少しでも結果がついてくるとうれしいです。

休暇の終わり

 やっと学校に入れるようになりました。
ということで再びトロンボーンと格闘をする日々が始まりました。



とはいってもまだ学校は夏休み中、新学期は9月の半ば過ぎから始まるのでまだまだ時間はあります。けれども今だ修行中の身とあってはこれ以上の休暇はさぼりとなるような気がしたので学校で練習が可能となったのを幸いと練習に勤しんでおります。


7月末にスイスの南部、イタリア語圏のベルリンツォーナ、ロカルノ、ルガーノと旅行をしてきました。
はじめて訪れるイタリア語圏。。。
そこは自分の住んでいるドイツ語圏とはまた違った雰囲気の漂うところでした。


天気にも恵まれ本当に楽しく過ごさせていただきました。
久しぶりにいくつか画像を載せたいと思います。



ベルリンツォーナ

世界遺産にもなっている古城です。
ベルリンツォーナには3つの古城があります。これはそのうちのひとつ。




これは同じ城の一部です。


ロカルノ

映画祭間近ということで巨大なスクリーンが。。。


展望台からのながめ


ルガーノ

ルガーノ湖


サン・サルバトーレ山の展望台から


同じ展望台から、橋の向こうの山はこれまた世界遺産のサン・ジョルジオ山



とにかくきれいなところでした。
またいってみたいですね^o^

ほんとうにお久しぶりです。

 前回の更新から1ヶ月以上も経ってしまいましたね。


やっと試験も終了し、夏休みを満喫中のぎ〜も〜です。
試験は本当に大変でしたが、試験からは高い評価の点数を頂き、9月から始まるソリストディプロムにも自信を持って進めそうです。(ソリストディプロムは授業はほとんどない代わりに試験は偉く厳しい。。。さて何が待っているかな?)



卒業試験は本当に大変でした。
なんと次の日にフランクフルト歌劇場のオーディションが舞い込んできたのです。
ということで試験曲に加えダヴィッド、オケスタもさらうことに、そして試験前最後のレッスンでは試験曲全曲とオーディション曲をすべて見てもらうことに。。。



音はぼろぼろなのにやれボレロだマーラーだを吹かされ駄目だしの連発、試験前のストレス、それに疲労も手伝いついに先生に2年目にして大反発しました。


先生も回りもこれにはびっくり!!

よっぽど自分が反発するのが珍しかったのでしょう。
ことは大きくならずにレッスンは終了。
3日後の試験も大成功ということでハッピーエンド。



ディプロム試験はほんとうにきついもので周りからも

「試験3日前からは人が変わる。」

と言われていましたが、奇しくも自分も3日前。。。
再来年は平和にいけるかな??



そして次の日のオーディション、
とは言ってもVorprobespiel(予備審査)

やっぱり唇に疲れは残ってる。
参加者は28名、順番は当日くじ引き自分は23番をGET!!
1次試験はダヴィッド1楽章とウィリアムテルとワルキューレ

10時スタートなので9時に音だしをして備えていたのに約2時間待ちが決定。
ということで散歩に出かけました。


やっと自分の出番、先日の疲れはあるもののたった数分で終るということで意外と気楽にのびのびと演奏。いい感じ。
ところが間奏に差し掛かったところで審査員がなにやら話し合っている。

「???」

間奏後の数小節を演奏したところで切られました。

審査員「ワルキューレのdurのところをお願いします。」

私(えっ1? ウィリアムテルは無し? 落ちたかな?)


予備審査は門前払いのごとく早々にご退場願う場合があると聞いたことがあるので自分の場合もそれかという予感。とにかくワルキューレを演奏、やっぱりテルは無し。


せっかくフランクフルトまで来たのに出番は5分か。
と思って楽器をケースにしまって審査結果を待つ。
(ミスはなかったし音程もしっかりピッチ443に合わせた。音が良くなかったのかな?)
とか余計なことを考えつつゲームをして暇をつぶす。


審査結果

1次通過してました。(5人だったかな?)



急いで楽器をもう一度出して準備、二次はモツレクとローエングリン

通過者は1人、私は残念ながら落ちました。


審査員に話を聞けたのでどう感じたのか質問してみました。

審査員「実に美しく演奏していたよ。けれども残念だったね。合格者は一人なんだ。」
        「1次? ああ、ダヴィッドのあそこまででどういう奏者か分かったからね。だからあれだけで十分だったんだよ。」

私(そんなこともあるんだ? 落ちたと思い込んだよ。)


落ちたのは残念でしたがやっと関心を持っていただける演奏ができるようになってきたみたいです。
これからもどしどし応募してオーケストラにチャレンジしますか。



2週間ほど前に同じエディのクラスのトロンボーンの学生がドイツのオーケストラにWechselposaune(バストロンボーン持ち替え)の席を得ました。おめでとう!!
彼はオーケストラで働きつつ、これからもバーゼル音楽院に通うみたいです。

彼と初めてあったのはオーシション会場、それからも何度となく顔をあわせていたら同じ学校で学ぶことに、一緒にカルテットをやったりとしてたけどついに結果を出しました。
ほんとうにおめでとう!!


人のことは言えませんが彼も忙しい日々を送ることになりそうです。

忙しすぎです。

 毎日本当にいそがしくすごしております。





ブログの更新もままならないほどに・・・、







充実してるのはほんとうに嬉しいのですが、休みが欲しいです。
先日やっとJURAの初本番が終わりました。試験、コンクール、Bielの乗り番等あったので今頃になってしまいました。そして演奏したのは。。。

Mozart: Requiem

1番トロンボーンを演奏。
正団員としての初本番としてはいささか厳しいものがありましたがしっかりとこなしてまいりました。
(良かった良かった。。。)

DelemontとPorrentruyで各一回づつ本番があり、どちらも満員という盛況振りでした。
小さなホールではあったけれど発足約8年という非常に歴史の浅いことを考えればしっかりとファンをつかんでいるオーケストラだという印象を受けました。


そして自分の課題もいろいろ、まず実はプロのオーケストラでアルトトロンボーンを演奏するのは今回が初めて!!(なのにいきなりモツレク!!)スタミナをどう配分するかというのもやっぱりリハと本番ではまったくテンションが違うので、最初の本番では最後までもったもののかなり危うかったです。
2日目は学習したことを早速活かし、初日より余裕のある演奏が出来ました。


留学してからアルトトロンボーンは相当練習したんだけれど、ソロ曲とオーケストラではやっぱり違いますね。多少バテてもソロ曲は吹けるけどPPでのロングトーンは厳しいです(TToTT)

これは夏の課題ですね。
これからはオーケストラでアルトトロンボーンを演奏する機会が格段に増えます。
それに来シーズンにはドイツへ演奏旅行!!

schumann: Sinfonie.4

ということでまたしてもアルトトロンボーンです。
頑張ろう。。。


6月13日には卒業のための最終試験。
リサイタル形式で公開です。
プログラムはまた大変なことになってしまいました。

1. Bozza: Trois Essais(Trb and Per)
2. Tomasi: Concert 1mov(Trb and Pf)
3. Sulek: Sonata(Trb and Pf)
4. Saglietti: Suita 1.Tango, 3.Speedy(Alt-trb and Stringsquartet)
5. Konagaya: Dream(Trombonequartet)

盛りだくさんにもほどがある内容ですが聞き手も演奏者も楽しめる演奏をしたいと思います。



さぁ、練習しますか。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM