<< The Bird's Eye Jazz club | main | 教会で演奏しました。 >>

スポンサーサイト

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Diplomkonzert

JUGEMテーマ:音楽

スコラ(古楽)のディプロムコンサート(演奏家資格試験)を聴いてきました。
この出来如何によってはなんと卒業資格がもらえない。卒業が難しいといわれる由縁ですね。(入るのも大変ですよ!!)
この人にとってはそうとうなプレッシャーだったことでしょう。にもかかわらず素晴らしい演奏を披露してくれました。

人事のように書いていますが、来年は自分がやるわけですから大変です。
私の場合Master of Arts in Musikalischer Performance(旧コンツェルトディプロム)はまずレパートリー試験と言われる非公開の試験があり、これはまず90分間の演奏時間の曲目を提出し、当日指定で60分間演奏するというものです。
ちなみに試験官は外部から呼ばれます。そして自分の先生は演奏を聴けはするものの採点は出来ないみたいです。審査に公平を期すためみたいです。

そしてこの試験に合格したあとに今日聴いたようなコンサート形式の試験があるわけです。これも同様に試験官は外部、そしてプログラムに室内楽(3人以上)、古楽曲、現代曲、そしてロマン派をいれなければいけません。
か〜なり大変です。
覚悟を決めなければいけませんね。。。


話を戻しまして今日の演奏会ですが、メインはリコーダーでした。
プログラムはルネサンスから始まり最後は後期バロックで終わるという、だんだん新しくなっていくというものでした。一番新しくてバッハ・・・、すごいですね^^


画像からもお分かりいただけると思いますが、共演者がものすごく沢山いました。
歌、オルガン、チェンバロ、リュート、ガンバ、打楽器、バソン・・・、実に興味深かったです。

古楽器演奏家のフレージングは聴いていて本当に楽しいです。
あまり音量に幅がないせいか、実に細かい音のニュアンスが私の興味を引きました。
音量はないけど感情の幅は相当なものですね。
自分も頑張るとしますか。。。

スポンサーサイト

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • 06:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM